豆を植えます

この日の仕事は、豆の定植です。
黒豆、鞍掛豆(くらかけまめ)、白大豆の3種類を植えます。


溝を掘って、苗を2本ずつ並べて、水をかけて、土をかぶせます。
最初は、萎れたようになります。

でも翌日の雨で、しゃんとします。

豆は、強いです、少しの水があれば生きていけるようです。
本当に植物は、たくましいです。

豆は秋に採れます。
脱穀が少し大変ですが、一年中保存が効くので重宝します。
秋まで待ちきれないときは、枝豆として収穫します。
茹でたてがおいしい!
今から楽しみです。

今日の野菜たち

ここ数日で、畑に植えた野菜たちがだんだんと大きくなってきています。
ふたつき農園の野菜たちの今をご紹介。

まずはこちら。

↑コールラビです。別名、カブカンラン。カンランはキャベツという意味です。
その名の通り、カブとキャベツの合いの子のような味。昨年育ててみて美味しかったので、今年もチャレンジ。


↑これは、スナップエンドウです。
そろそろツルを伸ばし始めたので、早く支柱を立ててあげないと。

次は、玉ねぎです。
越冬に失敗して、100株近く植えたのに2割くらいしか残っていません…

苗づくりがうまくいかなかったのかな…
生き残った子たちは、少しずつですが大きくなっています!
ちゃんと玉ねぎになりますように!


↑チンゲンサイは芽が出てきました!
ほかにも、小松菜や春菊など同時にまいてます。

これから大きくなるのが楽しみです。
美味しく育てよ〜

マルチ張り終わった!

雨が降る前に…!と思って急いで仕上げました!


よく頑張った私!

まずは畝を立ててから、畝に沿ってマルチを張っていきます。

去年はマルチャーという機械を借りて畝立てからマルチまで機械にやってもらったのですが、
調整が難しいのと壊すのが嫌なので(去年は初っ端から壊して修理屋さんに来てもらう羽目になりました)、今年は簡易畝立て機を使って、マルチは手張りしました。
時間は倍かかるかな…でも機械壊す心配ないしな…来年はどうしようかな。

畑日和が続きます

お米の芽が出てきました!
緑色の小さなとんがりが見えます。
かわいいですね。

さあ、小谷村は今年初めての夏日です。
畑日和な今日は、畝立てとマルチ張りです。

一列完成させるのに一時間かかります…この畑が一列の長さが一番長いのです。
保湿と保温、雑草よけのために黒マルチを張ります。
これで、肥料が畑に馴染んできたら、いよいよ苗植えが出来ます!

鳥と人と畑

お天気が続いたので、畑をトラクターで耕しました。

畑を耕すと、いろんな鳥たちがいつのまにか集まって来ます。
今日は、カラスのつがいがやって来ました。(写真に小さく写っています。見えますでしょうか?)
セキレイも来ました。
耕運すると、土の中にいる虫やミミズが地表に出てきます。それを知っていて、待ち構えているのです。
鳥たちはよく人間を観察しています。

桜の開花

今日は暖かい日差しに、待ちに待った桜の開花。
春爛漫ももうすぐです。
畑づくりも本格化しています。
今日は堆肥まき。

一輪車で運んで畑にまいていきます。

今年も美味しい野菜ができますように。